ミッドナイト・ラン

監督: マーティン・ブレスト
出演: ロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン、ヤフェット・コットー、ジョン・アシュトン、デニス・ファリナ、ジョー・パントリアーノ

みんなの感想

「ミッドナイト・ラン」を見た人たちの感想です。

平均:2.0 2.0 (5件)

wxktkwopwp

wxktkwopwp さん

0

ミッドナイト・ラン 感想・評価
<a href="http://www.goe75t014ay3rb50b35wj1ga17j089eks.org/">awxktkwopwp</a>
[url=http://www.goe75t014ay3rb50b35wj1ga17j089eks.org/]uwxktkwopwp[/url]
wxktkwopwp http://www.goe75t014ay3rb50b35wj1ga17j089eks.org/

削除する

htvviilk

htvviilk さん

0

ミッドナイト・ラン 感想・評価
<a href="http://www.g3q016f9o8i5jxq2m6lmg92su9o11n72s.org/">ahtvviilk</a>
[url=http://www.g3q016f9o8i5jxq2m6lmg92su9o11n72s.org/]uhtvviilk[/url]
htvviilk http://www.g3q016f9o8i5jxq2m6lmg92su9o11n72s.org/

削除する

vchsidbmw

vchsidbmw さん

0

ミッドナイト・ラン 感想・評価
vchsidbmw http://www.g04o29vv91wg7ikv944j996fo3wg7dq1s.org/
<a href="http://www.g04o29vv91wg7ikv944j996fo3wg7dq1s.org/">avchsidbmw</a>
[url=http://www.g04o29vv91wg7ikv944j996fo3wg7dq1s.org/]uvchsidbmw[/url]

削除する

ズル賢い「公認会計士」のやり取りが面白い映画。

Kua さん

5

この映画、ロバート・デニーロ作品では、喜劇性が高いと有名なので見ました。とても面白かったです。

ニューヨークでマフィアの金巻き上げた「公認会計士」を、捕まえてロスまで連行する、それも飛行機を利用したらわずか数時間なのに、この公認会計士(C・グローデイン)は、「飛行機恐怖症だ!」と言って、飛行機の中で暴れる。仕方なく、デニーロはレンタカーを使って、この公認会計士をロスまで連行することにする。

でも、ロスまで連行するのに、「お金」が、とにかくない。また、FBIが襲ってきたり、とにかく大変な連行事件となってしまう。

実はこのこの公認会計士、飛行機のライセンスを持っていて、途中で見つけた飛行機で「逃げよう」とする。これを防ごうとするデニーロ、やっと公認会計士のズル賢さに気が付く。

デニーロは、バツ一の元刑事で、車での逃避行中、別れた元妻の実家へ訪れて、わが娘に久しぶりに再会する。ちと感動したCグローデイン。

お金がないので、道の駅みたいなコンビニに押し入り、デニーロの元刑事用の警察バッチを取り上げて、「連邦警察官だ、これから『現金実査』をする(現金の有高を確かめる会計士用語)と」そこで実査で検出した現金を、「連邦警察官としての実査であるので、証拠として『一時持ち帰る』と。

もちろんそんなことはあり得ないけれど、Cグローデインの迫力に、コンビニ店員もダマされてしまう。ウソが上手いアメリカの公認会計士の特徴?をよくとらえている。

最後、無事ロスまで連行したデニーロにはもうバウンテイの権利はなかった。でもこの公認会計士、デニーロの家庭不幸を見ていて、「マフィアから巻き上げたお金を、譲ってあげる」と、体に隠していた現金をデニーロに最後譲ってやる。

アクションが結構多く、退屈しない。監督はビバリーヒルズコップのマーチンブレスト、この映画は日本人向けに作られたハリウッド映画だそうで、近年のハリウッド映画でもかなりの秀作だと思う。

ラストシーンが印象的。お金をデニーロに渡したグローデイン、さっと消えてしまう。アメリカンニューヒーロー的な面白さある、おススメの映画です。

削除する

ロバート・デ・ニーロ主演の娯楽大作

ニック さん

5

ロバート・デ・ニーロ主演の娯楽大作だと思います。

元刑事のジャックは諸金稼ぎをやっていたがマフィアの元会計士ジョナサンをLAに連れてくる依頼を受けNYへ向かったジャックだったが飛行機でひとっ飛びのはずが陸路でLAに向かう羽目になる。

途中FBI、マフィア、同業者などの妨害に遭いながらLAに向かうまでを面白おかしく描いた作品である。二人は顔を合わせばいがみ合ってばかりだったが旅が続くうちに妙な友情が生まれラストのLAでの爽やかな感動シーンが大好きです。

ジャックは単なる金目当ての賞金稼ぎではなかったのでした。自分の目的を達成したこともあったが、ジョナサンとの逃避行の間に刑事を辞めた理由を思い出し逃がしてやったのだと思います。

まったく不器用な生き方しかできないカッコいい男ですね。最後に二人が別れるシーンも清々しく見ている者に一服の清涼剤のような感動を与えてくれる映画だと思います。

削除する

レビューを投稿する

ニックネーム(2~20文字):

削除用パスワード(6~20 文字):

評価:          

タイトル(3~50 文字):

レビュー:(100~1000 文字) 文字数:0

次のような内容の投稿は禁止です。見つけたら削除させていただきます。

  • 他サイトからのコピペ
  • 作品とは関係ない内容の投稿
  • 作品関係者に対する批評の粋を超えた誹謗中傷
  • 内容のほとんどが映画のあらすじ
  • ほとんど同じ内容の重複投稿
  • アダルト関連の内容