ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

監督: デイビッド・イェーツ
出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、ゲイリー・オールドマン

みんなの感想

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を見た人たちの感想です。

平均:2.0 2.0 (5件)

trsvnnylw

trsvnnylw さん

0

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 感想・評価
<a href="http://www.gz8z39z0iy251y7z4n99s5944dhqjym1s.org/">atrsvnnylw</a>
[url=http://www.gz8z39z0iy251y7z4n99s5944dhqjym1s.org/]utrsvnnylw[/url]
trsvnnylw http://www.gz8z39z0iy251y7z4n99s5944dhqjym1s.org/

削除する

kghcjzjrg

kghcjzjrg さん

0

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 感想・評価
kghcjzjrg http://www.g6aj531w7fwss551vpx7cq62494ps2o5s.org/
[url=http://www.g6aj531w7fwss551vpx7cq62494ps2o5s.org/]ukghcjzjrg[/url]
<a href="http://www.g6aj531w7fwss551vpx7cq62494ps2o5s.org/">akghcjzjrg</a>

削除する

ハリーの恋愛関係に疑問だらけ!

トケイ さん

3

ハリーが人間界で魔法を使用してしまったために、魔法省からホグワーツを退学させられる方向に話が進んでいったので、とても腹が立ちました。

魔法省が学校の先生としてアンブリッジを派遣したので、沢山の新しいルールができてしまい、これでは全く魔法が使えない状況に持ち込まれていたので、やり方がとても卑怯だと感じました。

そこでハリーが先生となり、仲間たちに魔法をこっそり教えていたシーンがとても良かったです。

今回、初めてハリーにも彼女ができたのでとても驚きましたが、展開がとても早かったのでどうして二人が恋に落ち、そして別れてしまったのかもっと分かりやすい展開にしてもらいたかったです。

気が付くと彼女と破局していたという感じだったので、原作を読んでいないと理解できない内容が多いと感じました。

削除する

話を詰め込みすぎ。

can さん

2

つまらなかったです。私は原作を4作目までは読んでいて、「不死鳥の騎士団」は話を知らずに見たのですが、そうなるとストーリーに全くついていけませんでした。話を詰め込みすぎです。

いくら原作があるからといって、原作読者だけをターゲットにするのは映画としてどうなのかと思いますが......。ハリー・ポッターシリーズは、全体的に大人が全然役に立っていないのが疑問です。

ダンブルドア先生も、マッドアイ・ムーディも、肝心なところでいなくなる、またはほんのちょっとしかいない。大人がいなくなる理由があれば子供たちの活躍もわかるのですが、大人たちのキャラクターや立場がかなり深いわりには活躍の場が与えられていない。

ヴォルデモートという強敵に立ち向かわなければならないのに。バランスが悪いと思います。この作品で良かったのはウィーズリー家の双子。いつもいい味を出している二人ですが、今作はとりわけかっこよかったです。

削除する

命をかけてハリーを守ってくれるシーンは

そら さん

5

不死鳥の騎士団のメンバーであるニンファドーラ・トンクスという女性が仲間にニンファドーラと呼ばれた時に「ニンファドーラって呼ばないで」と怒っているシーンが面白いです。

ニンファドーラには可愛い水の妖精という意味があり、本人はそれが好きではないのでトンクスと呼んで欲しいようです。

彼女は突然自分の髪の毛の色を変えたり、鳥のようなクチバシにしたり愛嬌のあるキャラクターなので好きです。

予言を探しに行ったハリーを追ってヴォルデモートが手下のベラトリックス・レストレンジやデスイーターにハリーを襲わせます。水晶のような予言の玉がどんどん落ちてくるのが幻想的で見とれてしまいました。

そこに、シリウス・ブラックやルーピン先生、ムーディー先生など不死鳥の騎士団のメンバーが駆けつけ、命をかけてハリーを守ってくれるシーンは手に汗を握りました。

削除する

レビューを投稿する

ニックネーム(2~20文字):

削除用パスワード(6~20 文字):

評価:          

タイトル(3~50 文字):

レビュー:(100~1000 文字) 文字数:0

次のような内容の投稿は禁止です。見つけたら削除させていただきます。

  • 他サイトからのコピペ
  • 作品とは関係ない内容の投稿
  • 作品関係者に対する批評の粋を超えた誹謗中傷
  • 内容のほとんどが映画のあらすじ
  • ほとんど同じ内容の重複投稿
  • アダルト関連の内容