シェルブールの雨傘

監督: ジャック・ドゥミ
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル、アンヌ・ヴェルノン

みんなの感想

「シェルブールの雨傘」を見た人たちの感想・評価です。

平均:4.5 4.5 (2件)

ミュージカルと知らずにビックリ

ななえ さん

4

最初観たときビックリしました。それはミュージカルと知らずに観たからです。映画の所々で入るのだと思っていたらすべてミュージカルでまたまたビックリ、最初は観慣れていなかったので違和感がありました。

しかし、ストーリーを追っていくとても良い映画だということに気がつきました。娘の幸せを望む母の気持ち、しかしそれは思わぬ方向に向かっていきました。

母はもういなかったし、自分を思ってしたことだと思うとどうすることもできないのでしょう。映像が美しく、スタイリッシュなコーディネートもこの映画の見所です。それをカトリーヌドゥヌーブが身につけることでより引き立てています。髪型もファッションもすべてパーフェクトで素敵でした。

削除する

フランスミュ-ジカルの最高傑作。

りんか さん

5

この作品が完成し公開当時、カトリ-ヌ・ドヌ-ヴが大好きだったのですぐに劇場に駆け付け鑑賞しました。

セリフは勿論のこと全編が「音楽」で構成されています。ミュ-ジカルですから当然と言えば当然なのですが、音楽と映像、ヒロインであるドヌ-ヴと恋人のギイを演じるニーノ・カステルヌオーヴォも初々しい好青年ぶりでした。

雪のパリが舞台の悲恋物語ですが一番心に残ったのは、徴兵されて戻って来ないとばかり思っていた恋人ギィが他の女性と結婚し幸せな家庭を気付いていることをまのあたりに見る雪の中でのシ-ンです。

そこでミシェル・ルグランのよく知られているシェルブ-ルの雨傘のテ-マソングがひ弱で細く高い声のドヌ-ブによって悲しく歌われます。共感出来なかった部分は、ヒロインが家のためにあまり気の進まない結婚を決意して嫁ぐところ。

事情があるとはいえギィへの愛を貫けなかった設定がなんとも歯がゆい。しかしその設定ゆえこの映画はこんなに悲しくも美しくなかったわけですが、、、。

美しいものが好きな人、ミュ-ジカルに少しでも興味がある人に是非見て頂きたい作品です。おすすめできない対象は、やはりあまりにも現実的な人格の方でしょうか。

削除する

レビューを投稿する

ニックネーム(2~20文字):

削除用パスワード(6~20 文字):

評価:          

タイトル(3~50 文字):

レビュー:(100~1000 文字) 文字数:0

次のような内容の投稿は禁止です。見つけたら削除させていただきます。

  • 他サイトからのコピペ
  • 作品とは関係ない内容の投稿
  • 作品関係者に対する批評の粋を超えた誹謗中傷
  • 内容のほとんどが映画のあらすじ
  • ほとんど同じ内容の重複投稿
  • アダルト関連の内容