映画「不能犯」

監督: 白石晃士
出演: 松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍

みんなの感想

映画「不能犯」を見た人たちの感想・評価です。

平均:3.0 3.0 (1件)

観たばかりの松坂桃季君の不能犯乾燥お伝えします!

ハリネズミ さん

3

この作品を選んだのは、今最も旬の松坂桃季君が出ていて、また最近日刊スポーツ映画大賞の主演男優賞に輝いたこともあり、ストーリーは全然知らなかったですが、この作品で犯人役をどんな風に演じているのか見たかったからです。

気になったのは、ストーリーは漫画が原作なためか、映像などを駆使して、マインドコントロールしていくところを描きたかったのだろうが、その画面を見るたび、リアル感がなくなり、チープな映像を見せられているような違和感を覚えた。

自分に心底殺して欲しい人がいるかと問われればNOであるが、この映画に出てくる人物のように窮地に立たされた人の場合、その気持ちは100%ではないが理解できなくはないが、もし本当にいたら恐ろしいだろうと感じた。

間宮祥太朗君がいい人から悪人に翻るところでは、『そうきたか』と意外な展開と彼の演技に光るものを感じた。人がたくさん殺されるので、ちょっとうんざりさせられる。

リアルだったり、希望あるストーリーを好む人には向いていないかも。闇や暗い世界、現実逃避の世界観が好きな人、松坂桃季君ファンにはオススメ。

今までにない役所で、彼の今後も期待大である。新人警官役の新田真剣佑君の演技も爽やかだ。なかなかの演技者揃いの配役なので、そういう面では観ても損はしない作品だ。

削除する

レビューを投稿する

ニックネーム(2~20文字):

削除用パスワード(6~20 文字):

評価:          

タイトル(3~50 文字):

レビュー:(100~1000 文字) 文字数:0

次のような内容の投稿は禁止です。見つけたら削除させていただきます。

  • 他サイトからのコピペ
  • 作品とは関係ない内容の投稿
  • 作品関係者に対する批評の粋を超えた誹謗中傷
  • 内容のほとんどが映画のあらすじ
  • ほとんど同じ内容の重複投稿
  • アダルト関連の内容